環境・安全

21世紀環境を考え実践する会社

    (剪定枝粉砕処理車(4m3))を導入しまし、剪定枝や葉をリサイクルできるシステムを 
    考案中です。
    県内で4台、全国でも20台そこそこの新製品です。


八王子市Y氏邸樹勢回復治療で発生した剪定枝をチップ化し
堆肥化してから現地土壌に戻すリサイクルに利用

21世紀の作業安全を考え実践する会社

    より高度な安全作業を目指し、造園作業の効率と安全のために全コンピューター制御 
    のラジコンクレーン車を導入しました。製品名を「アイズ」と呼びます。
    最新型「アイズ」を増車。全操作が自動停止装置付き
    長野県内で2台の導入の造園会社では当社だけです。
  

南信州新聞04.11.07



戻る
戻る