あなたは 6500人+  人目のお客さんです。


文吾林造園株式会社
Bungobayashi Landscape Gadening Ltd.
What’s New

新聞連載記事掲載ページへ!!

南信州新聞社2015.03.20掲載


長野県内では最大の巨木
国の天然記念物「月瀬の大杉」の調査をしました
樹高40m・芝付16m

ラフター25tブーム長さ43m・高所作業車22m+12m


音響波樹木診断器「ドクターウッズ」での測定状況



国営アルプスあづみの公園維持管理工事で所長表彰を戴きました
あづみの支店での祝賀会


飯田事務所での新年会

たまには真面目な新年会も良いものです!



本社地元の北方獅子舞保存会のお手伝いを我が社4WDのトラック行ないました
   
  2011 2012 shisi Boss


ISA認定のアーボリスト(R)を目指して!!
ツリークライミング(R)技術ハワイ研修2010.1.10-14
大木のチャイニーズバニアンの木にクライミング研修をしてきました
一本の木ですが、幹の形態は気根で日本では想像もつかない形態をしています(写真のとおり)
橙色ヘルメットでイエローティーシャツは師匠のジョンさんです
  
  New!!!!
プロ仕様のツリークライミング(R)トレーニングをチームで始めました
Arborist (R)Training Team「ツリー・プロテクション」
アーボリスト トレーニング チーム ・ 特殊伐採


研修団の出発式・ジョンさんの左前は奥様の弘子さんです。
団長で当社社長は御一行様カードを持って御機嫌です。


国際交流・パッピのプレゼントして皆ハッピー!!アロハー
マークさんはハワイのツリークライミング(R)の元チャンピオンです。




当社取締役工事部長の渡辺秀樹(ML-0344T)と係長の熊谷慎一(JP-0339T)
ISAツリーワーカー(R)(Certifid Tree Worker/Climber Specialist)の資格を取得しました\(^o^)/。
この資格者は、現在日本国内では、TCJ代表でISAリエゾンでありアーボリストの
ジョン・ギャスライト氏の指導の下で約30名が取得しております。
世界標準の資格です




2007年7月15-16日ベーシック・ツリークライマー講習会実施
参加者16名、樹木医4人参加 山口県夫婦樹木医さんも参加してくれました。夫婦ツリークライマーも誕生しました


アルプスあづみの公園イルミネーション


防府天満宮裸坊祭2006.11.25




新技術チーム「グリーンスワット」の七人衆 
(安全木登りベストのHPへ)
安全に木に登り、巨樹巨木の世話をし
目を見張る腕っ節で仕事をこなす
大人の男の職人技を是非ご覧ください
別の名を「七人の侍」とも言います


飯田市の桜のHPへ

平成17年12月24日


ようこそ
文吾林造園株式会社
 へ。
最終更新日2016年8月19日




ごあいさつ

沿革
沿革
会社概要
会社概要
ISO9001
ISO9001
東京本店
東京本店
作庭作品のページ
作庭作品のページ
屋上緑化
屋上緑化
校庭緑化
校庭緑化
(有)文吾林 樹木医 事務所
(有)文吾林 樹木医 事務所
ビオトープ室
ビオトープ室
造園資材・新技術関連
造園資材・新技術関連
求人情報
求人情報
更新履歴
更新履歴
環境・安全
環境・安全
私の仕事(社員の自由広場)
私の仕事(社員の自由広場)
新聞連載記事のページ
新聞連載記事のページ
新聞記事
新聞記事
おすすめの庭園のページ
おすすめの庭園のページ
茶室茶庭研究室
茶室茶庭研究室
元気に頑張っている仲間へリンクのページ
元気に頑張っている仲間へリンクのページ
ツリークライミング(R)技術 と クラブ
ツリークライミング(R)技術 と クラブ
桑茶注文書式(商品は代引きです)
桑茶注文書式(商品は代引きです)
マーケティング事業(オートコール)
マーケティング事業(オートコール)
Arborist Training Institute     「ツリー・プロテクション」
Arborist Training Institute     「ツリー・プロテクション」
 Please !!   English Page
 Please !! English Page 
メール
メール

メールは現在修理中
こちら honbu@と入れ直し、
bungobayashi.comとしてください。
お手数掛けます。


 
お世話になります。文吾林造園です。
 
私ども文吾林造園は創業以来、公園や道路など様々な場で、一本一本の木を大切に植え、管
理し、生活の場に潤いをと励んでまいりました。長野・東京を基点に、みなさまのお近くにもお
邪魔していることと思います。
 
さて、当社では、この度、ホームページを公開することにいたしました。
みなさまの中には、当社をご存知でない方も多いかと思いますが、今後、当社の活動をご紹介
させていただく場、みなさまのご意見をお受けする場として、活発に利用していきたいと考えて
います。
 
いま、広く地球規模の環境問題から、ひとりひとりの人間の憩う環境まで、さまざまな意味での
快適な空間づくりについて、その価値が認識されようとしています。
私たちも、これまで培ってきました造園の技術を生かし、人にも、鳥にも、虫や草花にもやさしく
快適な環境を創造していきます。
 
今後ともよろしくお願いします。
 
社員一同